ProximaX Mainnet is launched! Genesis block created on 25th September 2019
ProximaX
Blockchain Reimagined and Evolved Blockchain Reimagined and Evolved

ProximaXのメインネットが開始されます!

メインネットとは何か、その重要性とは メインネットはノードと呼ばれる複数のコンピューターサーバーのピアツーピア接続ネットワークを持つオープンソース ブロックチェーンプロジェクトです。このメインネットの目的は、当事者間のデジタル資産の転送が可能になり、実際のトランザクションが分散型台帳で行われるネットワークです。 これはブロックチェーンプロジェクトにとって非常に期待されている重要なマイルストーンであり、多くの場合、いくつかのテストネットが先行します。テストネットはメインネットのプロトタイプに例えることができ、同じ技術を使用しますがシミュレートされた環境で実行されます。テストネット環境では、デジタル資産を使用して行われたトランザクションに実際の経済的価値があるメインネットとは異なり、テスト環境以外ではデジタル資産に実際の価値はありません。要するに、メインネットはパブリックブロックチェーンプロジェクトの商用環境と言えます。 PROXIMAX MAINNETのローンチ 2018年3月の創業以来、コア開発者はブロックチェーンネットワークの構築に注力してきました。昨年11月にプロトタイプブロックチェーンの実行を開始し、このサンドボックス環境内で大幅なテスト、改善、調整を行った後、9月25日にProximax Geneis Blockが作成されました。 トークンスワップ NEM NIS1ブロックチェーン(「NIS1」)からProximaX Siriusブロックチェーンへの移行プロセスが必要になります。このプロセスでは、基本的にNIS1上のXPXをProximaX Siriusメインネットブロックチェーンに1対1で交換します。 XPXは2022年まで、またはNIS1が非推奨になるまでのいずれか早い方まで、NIS1上に存在し続けます。 NIS1からNIS2に移植するよう努力しますが、NEMの移行方針が不明なため、すべてのXPXトークンホルダーはトークンスワップをできるだけ早く実行することを強くお勧めします。 すべてのXPXホルダーのスワップがシームレスに行われるように、スワップを実行する簡単な手順を作成しました。

次の手順を注意深くお読みください。 重要: 1.スワップエクササイズを実行する前に、必ずプライベートキーを保存してください

交換方法 大多数のXPX保有者が該当するシングル署名アカウント(非マルチシグアカウント)は下記の手順での交換となります。 手順1.  Siriusウォレットをダウンロードします。

手順2. 「SWAP」を選択します。

手順3. NIS1プライベート鍵を入力し、交換するXPXの数量を入力します。

手順4. トランザクションが確認されると、数時間以内に残高*がProximaX Siriusウォレットに表示されます。

MULTISIG向け交換方法 複数の署名者アカウント(マルチシグアカウント)の場合、任意の共同署名者がスワップを開始できます。

手順1.  multisigアカウントの共同署名者の1名が、Siriusウォレットをダウンロードします。

手順2. 次に、NIS1アカウントの秘密鍵をインポートしてSiriusアカウントウォレットを作成します。

手順3. 「スワップ」を選択してスワッププロセスを開始し、XPXの数量を入力します。

手順4. 次に、マルチシグトランザクションを選択し、NIS1プライベート鍵を入力します。

手順5. システムはマルチシグトランザクションを検証し、NIS1ネットワークに送信されて、 マルチシグアカウントの他の共同署名者によって署名されます。共同署名者は24時間以内に署名をする必要があります。

手順6. 取引が確認されるとスワップが行われ、数時間後にSiriusアカウントにXPX残高が表示されます。 数時間かかる場合があります

ProximaXメインネットの詳細については、www.proximax.io / mainnetをご覧ください。